issapissap

ブログページ

クレンリネス【2022/1/31】

こんにちは!
おおさわ歯科クリニックの矢頭です。

今回はおおさわ歯科クリニックの日々の清掃について紹介します。

クレンリネスという言葉ご存知ですか?
クレンリネスとは「予防清掃」の事です!
当院では汚くなる前に清掃をすることをみんなで心がけています!

色んな場所にカレンダーをはり、清掃を行った人は日付の場所にマルをします。
これで清掃状況はみんなにわかります!
まとめて大掃除…ではなく、日々予防清掃を心がけることで診療室はいつもピカピカです!


クレンリネス

院内勉強会【2022/1/25】

あすはな歯科の米原です。
当院では定期的に勉強会と全体ミーティングを行っています。また日替わりで午後の診療前20分を職種別のミーティング・勉強会を行っています。
常に新しい知識へのアップデートは医院全体のレベルアップをしていく為に必要です。

歯周内科学研究会では、WEBセミナーも実施しています。
今まで4回開催しており、あすはな歯科ではランチョンセミナーとして活用しています。
次回は、2022年5月開催です。
内容は、「プロ意識を持つ・数字を意識する」です。
私がWEBセミナーの司会をさせて頂く予定です。
是非一緒に勉強していきましょう!

院内勉強会

『イータックオーラルケア』について【2022/1/17】

こんにちは
新屋敷 山下歯科・矯正歯科の門口です。

今回紹介するのはイータックオーラルケアです。

スプレータイプになっていて、義歯やマウスピース、矯正装置などに吹きかけることで除菌・抗菌効果が得られます。
・ニオイが気になる
・ヌメリが気になる
・汚れが落ちにくい
これらは細菌が原因かもしれません。

そこで、イータックをスプレーするとバイオフィルムの形成を抑制し、抗菌バリアを作り、除菌されるだけではなく24時間抗菌効果が持続します。
さらに、コンパクトなサイズにもなっているため持ち運びも簡単です。

また、絶対に欠かせないマスクにも吹きかけ除菌・抗菌効果が期待されています!
ぜひ、使ってみてはいかがでしょうか?

『イータックオーラルケア』について

あけましておめでとうございます【2022/1/11】

みなさん、あけましておめでとうございます。
本年度も国際歯周内科学研究会 歯科衛生士部会を
よろしくお願い致します。

今年も様々なセミナーを開催する予定です。
下に詳細を貼っています。
是非ご覧になってくださいね!!

また歯科衛生士だよりの発行も年4回おこないます。
ブログとはまた違う内容もありますので、手にとってご覧になってくださいね!!

今年も一緒に歯周内科を盛り上げていきましょう!!

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます

ご家族みなさんで使用できますよ!【2021/12/27】

みなさん、こんにちは!
愛知県豊田市にあります若林歯科の山脇です。

歯周内科学研究会に登録されている医院さんの中で、POICウォーターを使用されている医院さんは院内でどのように紹介されていますか?

当院では治療前に来院された方に必ず洗口していただいていますが、成人はもちろん、小学生以上であればPOICウォーターで洗口してもらいます。
その際に、保護者の方にも説明をして保護者の方が使用されたことがない場合には、保護者の方にも一緒に洗口していただきます。
なぜか?というと・・・
小学生になると自分で歯磨きをする子が増えてきますよね。
仕上げ磨きの頻度が減る子も多くなります。
矯正治療を行なっている子もいます。
そんな小学生たちの口腔内を見ると、プラークべったり!なんてことも歯科衛生士のみなさんにはあるあるではないですか?。

ここでPOICの登場です。
染め出しをしてPOICで洗口してもらうと汚れが落ちることを説明すると、保護者の方は驚かれます。
当のお子様は「まずい〜」という反応がありますが、そこはすかさず「お口の中に汚れが残っているとまずいんだよ〜」と伝えます。

若林歯科ではPOICウォーターは普段のセルフケア向上の為のアイテムとして、ご家族みなさんで使用していただくと良いことをお伝えしています。

ご家族みなさんで使用できますよ!

新人教育【2021/12/20】

こんにちは。おおさわ歯科クリニックの矢頭です。
4月に新人さんが入ってきた医院さんも多いかと思います!
おおさわ歯科クリニックでは、準備物マニュアルを作成しています!このマニュアルを見るだけでどの処置に何が必要なのか、写真と器具の名前をのせてこの写真通りに準備してもらいます。どこに器具があるのか、物の名前は覚えないと行けませんが、衛生士さんだけでなく歯科の知識がまったくない助手さんにもわかりやすく作っています!

新人教育

歯科衛生士の河内君【2021/12/13】

みなさんこんにちは!
熊本県天草市 生田歯科医院の佐々木です。
4月から新しく仲間になった歯科衛生士の河内君です。
すっかり慣れていろんな面でたくましくなりました‼
皆さんの所の衛生士さんはいかがですか~?

歯科衛生士の河内君

SRPセミナー【2021/12/6】

こんにちは。
ふくしげ歯科の原田佳子です。

6月に衛生士部会主催で「SRPセミナー」を開催させていただきました。
講師は、昨年3月にふくしげ歯科院内研修SRPセミナーでお世話になった宮本さくら先生です。
前回同様、講義のお話しがとても分かりやすく、実技も丁寧に一人ひとり 手を取って詳しく教えてくださいます。
「学ぶから分かる」「練習する」「できる様になる」の繰り返しで、どんどんスキルアップし自信となりSRPが楽しくなっていきます。
どうしても自己流になりがちな手技、何事も基本が大切であるという事を再認識し、軌道修正!
歯周内科治療をするにあたってSRPを適切に行うことも衛生士の大切な役割です。

しかしながら、毎日やっていることであっても…

「歯石が取りきれたのかどうか分からない」

「痛いと言われる」

「だんだんと自己流になってきている」etc.

時折、個別にフィードバックしながらのアップデートは大事だと感じました。

2022年度も6月に開催させていただきます。

『モアブラシ』について【2021/11/29】

こんにちは
新屋敷 山下歯科・矯正歯科の門口です。

みなさんは訪問診療でどのような道具を使用されていますか?

山下歯科では訪問診療に行くときに欠かせないものが、この『モアブラシ』です。
モアブラシは球状のブラシで口腔内粘膜や舌、口蓋などのクリーニングに使用します。

線毛のようなソフトな感触の素材が使われているため、デリケートな口腔内(粘膜が過敏な方、出血傾向が強い方)のケアに適していて、安心して使用することができます。
粘性の痰を絡めとることができ、また柄がしなるためマッサージ効果もあります。

ぜひ、使ってみてはいかがですか?

『モアブラシ』について

お勧め歯磨剤【2021/11/22】

あすはな歯科の米原です。

寒さが増して、水も冷たくなってくると「歯がしみる」と知覚過敏の症状を訴えて来る方が多くなってきます。
知覚過敏の方には、クリンプロ歯磨きペーストF1450をお勧めしています。
高濃度フッ化物1450ppmと歯の構成成分であるカルシウム、リン酸の配合により再石灰化を促進と歯質強化が同時に出来ます!
フッ素・リン酸・カルシウムの同時配合というのは、今のところ「クリンプロF1450」だけです。

ホワイトニングを、している方にはこちらもお勧めです!
メルサージュ ヒスケア
知覚過敏症状を防ぎながら、ステイン除去効果もあります。


お勧め歯磨剤 お勧め歯磨剤

ランキングが気になる【2021/11/15】

みなさん、こんにちは!
愛知県豊田市にあります若林歯科の山脇です。

患者さんにチェアでお待ちいただくことは日常の診療であるかと思います。
そんな時、患者さんは何をされていますか?
当院は、パソコン画面が早めにスクリーンセーバーが動作するようにしています。

矯正治療や知覚過敏、生活習慣などのデンタルIQを高めるための情報発信を行っています。
患者さんも興味を持ってご覧になられます。

中でも興味を惹かれているものはランキング形式で発表される
「リタイア前にあるべきだった。と後悔していること」です。
1位になる前に患者さんの元へ戻ってしまうと、
「ちょっと待って、1位が気になる(笑)」と言われます(^◇^;)
ランキングの1位は「歯の定期検診を受ければよかった」です☆
1位を見ると「そうだよね〜歯は大切だもんね〜」と。
そんなところからも患者さんとのコミュニケーションが広がります(*^_^*)

ランキングが気になる

スマイルワン【2021/11/8】

こんにちは。

熊本県天草市の生田歯科医院、佐々木です。
毎日暑いですね~

感染防止対策のために常に換気をしないといけないので冷房も効きかないですよね~

せめてマスクの中でもスッキリ爽快感がほしい!ということで
以前、歯科衛生士だよりでもご紹介しましたピカッシュでおなじみの
『スマイルワン』とてもいいです。

今でもみんなで使用しています。

スマイルワン

3色染めの染め出し液【2021/11/1】

こんにちは。
ふくしげ歯科の原田佳子です。

GCより新しく3色染めの染め出し液が発売されました。

「ジーシー トリプラークIDジェル」です。

色素とプラーク中の酸の反応で、新しいプラークは赤色、成熟した古いプラーク(目安:付着から48時間以上経過)は青紫色、 酸産生能が高い又はpHが低くう蝕リスクの高いプラークは水色に染め分けます。

プラークの状態を識別することで、患者さんにも分かりやすく、動機づけや指導ツールとしてお使いいただけると思います。

ふくしげ歯科では、2色染めから、即、こちらに切り替えて、患者さんのモチベーションアップに役立てています。

3色染めの染め出し液

夏祭り【2021/10/25】

こんにちは。
おおさわ歯科クリニックの矢頭です。

7月24日に夏のイベントとして当医院に通ってくれてるお子さんを中心に夏祭りを行いました!
来てくれた子供たちがお母さんの印象をとったり(衛生士が口腔内に挿入して手を添えるだけですが笑)、一緒に石膏を流して模型も作りました!
顕微鏡検査も行い、子供たちや保護者の方に歯周病と全身疾患の関係を伝えることができ、みんな真剣にきいてくれてとてもいい機会になりました!
頑張ったご褒美に帰りはくじ引きやかき氷、スーパーボールすくいなど準備しとても楽しい一日になりました!


夏祭り

冊子の活用【2021/10/18】

みなさん、こんにちは
新屋敷 山下歯科・矯正歯科の門口です。

今回は冊子の活用についてお話します。
私たちは日々、診療の中で患者様に説明する場面がたくさんあると思います。

山下歯科ではいろんな冊子を多様な場面ごとに活用し、患者様にもっとお口に対して興味を持って頂きたいと思っております。

一つ一つ説明した後、冊子や資料等はお渡しをし、ご自宅でゆっくり見て、理解を深めて頂いて意識変化やQOLの向上に繋がってくれるといいなと思っております!

一部ではありますが、場面ごとに活用している冊子をご紹介します。
みなさんも活用してみてはいかがでしょうか。

冊子の活用 冊子の活用 冊子の活用 冊子の活用

歯科衛生士のためのPCR検査実習セミナー【2021/10/11】

あすはな歯科の米原です。
少し前ですが、6月20日(日)に歯科衛生士のためのPCR検査実習セミナーが開催されました。
歯周内科治療では、歯科衛生士の力が必ず必要とされます。
その中でも、位相差顕微鏡とリアルタイムPCRは必須の検査項目です。
今回の実習セミナーでは、患者様への説明方法から検体採取や位相差顕微鏡の実習も学べます。

位相差顕微鏡とリアルタイムPCR検査を
・これから導入を考えている
・導入しているが上手く活用出来てない
という医院様へお勧めのセミナーです。


歯科衛生士のためのPCR検査実習セミナー

情報を正しく持ち帰ってもらう【2021/10/4】

みなさん、こんにちは!
愛知県豊田市にあります若林歯科の山脇です。

歯周内科の説明をする時にスライドを活用すると説明がしやすいです。
というお話を前回させていただきました。
今回は、その話した内容を患者さんはどれだけ覚えているのか?というお話です。
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが「エビングハウスの忘却曲線」という理論を導き出しています。
これは時間の経過とともに人の記憶がどのように変化していくかを示したものです。

20分後:覚えた内容の42%を忘れる
1時間後:覚えた内容の56%を忘れる
1日後:覚えた内容の74%を忘れる
1週間後:覚えた内容の77%を忘れる
1ヶ月後:覚えた内容の79%を忘れる

歯周病が主訴で来院された方は、しっかりとお話を聞いてくださっていると思います。
主訴が歯周病ではない方・歯周病の自覚がない方・そもそも歯周病って何?という方はスライドを使用してお話をしても、家に帰る頃には大半を忘れてしまっています。

伝えたことを帰宅してからも思い出していただけるように。
周りの方にも歯周病という病気やその治療方法を知っていただけるように。
歯周内科の説明をした時は必ず「顕微鏡検査のススメ」という冊子もお渡ししています。

情報を正しく持ち帰ってもらう

男性の歯科衛生士!【2021/9/27】

こんにちは。

熊本県天草市、生田歯科医院の佐々木です。
この4月から新しい仲間が増えました~
新卒の、そしてなんと!!男の歯科衛生士です。
みんな喜んでいます!

たくさん色々な事を学び、活躍してほしいと思い指導している所です。
これからも生田歯科医院はみんなで協力して
楽しくお仕事をして行きたいと思っています。


男性の歯科衛生士!

専門用語の表記【2021/9/20】

こんにちは。
ふくしげ歯科の原田佳子です。

先日
「歯科衛生士視点の感染対策基礎力と情報把握力
~どう考える? 何をする?を明確にしよう~」と題して
白水 雅子先生(大手前短期大学歯科衛生学科助教)の講義をWebで聞く機会がありました。

その中で、分かっておくといいかなぁという事がありましたのでお伝えしたいと思います。
本や雑誌で感染に関する専門用語の表記が変わってきているそうです。

感染対策→インフェクションコントロール
標準予防策→スタンダードプリコーション
汚染→コンタミネーション
汚染を取り除くこと→デコンタミネーション
洗浄→ウォッシング
消毒→デイスインフェクション
滅菌→ステリゼーション
滅菌保証→バリデーション
そして、
感染対策に対するガイドライン(CDC,RKI)があるので、それを検索することも大切であると言われていました。

各医院さんで感染対策しっかり行っていると思いますが、迷った時や分からない時は、上記検索してみてはいかがでしょうか。

口腔機能低下症~食前体操~【2021/9/13】

あすはな歯科医院の米原です。
口腔機能低下症の検査を行い、舌圧低下口腔乾燥がある方には食前体操をおすすめしています。
誤嚥は最初の一口目に起こりやすいと言われています。
食事の前に嚥下体操を行ないお口や頬などを動かすことで、だ液がよく出るようになり、飲み込みやすく食べやすくなりますので、誤嚥を防ぐことにもつながります。
そして、大切な事は無理せずに毎日継続していくことです!

患者様には、ダイニングテーブルの側に貼ってもらい、食前体操として毎日楽しく実践出来る様にして頂いてます。

口腔機能低下症~食前体操~

<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 次へ >>

これより過去のブログはブログページの「過去の記事一覧」よりお選びいただきご観覧いただけます。
※スマホ版は最下部
※PC版は最上部の左側メニュー